铁制品

惠州荣丰磁铁制品有限公司

HOME > 技術情報 > クロスラップ工法

铁制品

鉄塔包み込み工事における2鉄塔間の部材干渉を評価するために、鉄塔2基の立体モデルにより各部材の最接近距離を算定し、これを鉄塔設計形状・結構に反映します。

クロスラップとは、敷地条件などの制限により、鉄塔の中心を偏心あるいは回転させた状態による鉄塔包み込み工法です。この工法検討では、新旧材が複雑な配置となるため、立体解析を用いて部材の干渉を定量的に確認します。

●どのような配置でも干渉検討可能である。
●立体解析に使用する3次元データを使用するため、特殊形状の解析も可能である。
●静荷重の入力により、たわみを考慮した検討も可能である。

石家庄卡斯特铁制品有限公司

愛知金属工業株式会社
販売本部 営業部
電話:0568-81-0996
FAX:0568-81-5515
HPからのお問い合わせ
ページの先頭へ